CHAMPION76

お知らせNEWS

SUZUKI グラストラッカー
MUTT

SUZUKI グラストラッカー

ジョッキーシフト

2000年4月に発売されたグラストラッカーは、

249ccの空冷4スト単気筒エンジンを搭載した、

「1970年代のアメリカでの草レースで走っていたようなバイク」として登場した。

2000年当時、国内バイク市場では「トラッカーカスタム」と呼ばれたスタイルが人気を集めており、

ブームの先駆けだったヤマハTW200のカスタムスタイルが、

不要なものを取り外した(シート下のバッテリーさえも外した)

「スカチューン」を中心にしていたことから、

グラストラッカーも、必要最低限の装備だけでシンプルにまとめられていた。

 

ジョッキーシフト

ジョッキーシフト

なお、初期型に搭載されたエンジンは、ボルティー用の空冷単気筒SOHC4バルブ。

翌2001年にはバリエーションモデルとして大径タイヤを履いた

「グラストラッカービッグボーイ」を発売。

以後、両車はシリーズとしてモデルヒストリーを重ねていった。

 

ジョッキーシフト

ジョッキーシフト

最初のモデルチェンジは2004年4月。

ボルティーがST250に移行するなかで、グラストラッカーシリーズが搭載するエンジンも

ST250用の空冷単気筒SOHC2バルブエンジンにチェンジされた。

外観上でもエキパイの取り回しから見てとれる。

2008年9月には、フューエルインジェクションを搭載。

この際、燃料タンクの容量が、8.4リッターに増えてもいた(従来型は6リッター)。

この後はカラーチェンジのみを重ね、2014年の変更を最後に、平成28年排出ガス規制をクリアせずヒストリーを終えた。

 

遠山周作

 

https://champion76.com/遠山周作の愛車を紹介!!オレンジ色のバイク/

https://champion76.com/遠山周作の愛車を紹介!!ハーレー/
https://youtu.be/roKi00HpXLU

https://youtu.be/qT0U7tafbW8