CHAMPION76

お知らせNEWS

絶対に失敗しない!輸入バイクの高額査定・買取のポイント
CHAMPION76 東海名和

絶対に失敗しない!輸入バイクの高額査定・買取のポイント

 

チャンピオン76

輸入バイクを手放すことを考えている方は、できるだけ高く売りたいと思うのではないでしょうか。この記事では、輸入バイクをできるだけ高額で買い取ってもらうためのポイントをご紹介したいと思います。

 

輸入バイクを高く売る8つのコツ

 

チャンピオン76

①きれいな状態にしてから売る

一つ目はバイクをきれいな状態に洗車してから売るということです。埃をかぶった状態では、査定士も車体がこれまでしっかりとメンテナンスされてきたか、どのような扱いを受けてきたか疑問を持つことになり、高値が付きにくくなってしまいます。

 

逆にバイクをきれいにしておけば、ていねいに扱ってきたというアピールになります。また、きれいにしておけば塗装の状態までしっかり見てもらうことができるので、適正な価格を付けてもらうことにもつながります。

 

ワックスまでかける必要はありませんが、簡単な水洗いぐらいはして、きれいな状態で愛車を見てもらうようにしましょう。

 

②エンジンがかかるようにしておく

エンジンはバイクのパーツの中でも最も重要なパーツの一つなので、きちんとエンジンがかかるかどうかは査定に大きな影響を与えます。エンジンがかからない不動車でも買取は可能ですが、高額査定は難しくなってしまいます。

 

エンジンについて注意すべきなのは、長期間にわたってエンジンをかけていないケースです。長期保管のための処置をしていない場合、エンジンの始動が難しくなっていることがあります。長期保管する場合はガソリンを抜いて、こまめにエンジンをかけるなどする必要があります。

 

バッテリーが上がっていてもセルスターターが回らないだけであれば、ジャンプスターターなどを使ってエンジンをかけることができる場合もありますので、出張査定などで相談してみると良いでしょう。

 

③キズや凹みはそのままにして査定に出す

バイクはきれいな状態の方が高値が付きやすいものですが、キズや凹み、サビなどがある場合は直すのではなくて、そのままにしておくのがおすすめです。修理にはかなり費用がかかる一方で、修理した以上に査定額がアップすることは期待できないからです。

 

自分で市販のコンパウンドなどを使ってキズなどを補修するという方法もありますが、慣れない素人が作業をすると、かえってキズなどが目立ってしまうこともあるのでおすすめできません。キズや凹みを補修することにはリスクが伴うので、そのままの状態で査定に出すようにしましょう。

 

また、キズや凹みなど事故歴や修復歴などがある場合には、正直に査定士に伝えることも大切です。マイナスになるような情報はわざわざ言わない方が良いのではと考えるかもしれませんが、査定士はプロなので嘘をついても見破られますし、売り手が隠そうとする姿勢を見せると、ほかにも問題があるのではないかと疑念を抱かせることになります。

 

④ノーマルパーツを揃えて一緒に査定しもらう

マフラーを社外品に交換するなどバイクに手を加えている人は少なくないと思いますが、ノーマルパーツも残しておいて、一緒に査定に出すことによって買取額がアップする可能性があります。これは次のオーナーが社外品にするか純正にするか選択肢が広がって販売もスムーズに行えるためです。

 

中古車市場では基本的にはオリジナルが好まれる傾向があり、手を加えたバイクは査定が下がる可能性があることも覚えておきましょう。そのため、パーツを純正に戻してから売却するという方法もあります。とはいえ、センス良くカスタムされたバイクは高値が付くこともあるので、買取店に相談してみると良いでしょう。

 

パーツに関しては、パーツ単体でも買い取ってくれる店舗があるので、純正にしてもカスタムパーツにしてもバイクと一緒に査定に出すのがおすすめです。また純正オプションなどは耐久性に優れているので、付いていると査定がアップする可能性があります。

 

⑤少なくとも3社に査定してもらう

少しでも買取金額をアップさせるためには、複数のお店を回ってそこで見積もりをしてもらうことも重要です。複数の店舗で見積もりを取ることによって、自分のバイクにどれほど価値があるかを知ることもできますし、それによって他店舗での交渉の材料としたり、安く買い叩かれるのを防いだりすることもできます。

 

買い取ってくれるお店が近くにないという方は、インターネットなどのバイク買取一括査定を利用するという手もあります。一括査定の場合は、申し込んだ後に買取店から営業の電話などがかかってきたりすることも多いので、それが嫌だというのであれば買取店まで直接出向いて見てもらうのがおすすめです。

 

複数の店舗で査定してもらうことによって、自分のバイクの需要や高く売れない理由なども分かってくることがあります。少なくとも3店舗くらいで査定してもらうことによって、提示された買取価格が適正かどうかを判断することができるようになるでしょう。

 

⑥バイクを売る時期に注意する

車と違ってバイクは季節性の高い乗り物のため、売る時期にも注意を払う必要があります。多くのライダーは冬の間はあまりバイクに乗らず、春になって暖かくなるとツーリングなどに出かけます。そのため、春には買取価格が高くなる傾向があります。

 

とはいえ、冬はバイクの流通台数が減るため、バイクを手放す時期に季節は大きく関係しないのも事実です。季節について考えて売る時期を先延ばししようかと悩むぐらいなら、その都度当社のような輸入バイク専門店に相談に来ていただくことをおすすめします。

 

⑦思ったら即行動!

バイクを手放すことを検討している場合、できるだけ早いうちに売却することも高額買取してもらうためには重要な要素と言えます。それは年式が古いバイクほど査定額が下がる傾向があるからです。とくにモデルチェンジして新型が販売されると、今乗っているモデルは型落ちになってしまうため、査定額が低くなりがちです。

 

そのため、いろいろと検討することは大切ですが、あまりにも時間がかかりすぎると査定額が落ちてしまうので、自分が売ろうと思ったタイミングが売り時とも言えます。もちろん、査定してみても必ずしもすぐに売らなければならないということはないので、愛車の価値を確認する意味でも早めに査定してもらっておくのがおすすめです。

 

⑧本気で売却する意思があることを示す

最後に、買取店では本気で愛車を売却しようとしていることを示すのも重要です。冷やかしでバイクを査定しに来る人もいますが、本気で売却する気がない客に対しては、店側も高額の買取金額を提示することはありません。

 

具体的には、バイクについて不都合なことも含めて隠し事をしないことや、バイクの状態を十分に把握していることを示すことによって、売却の本気度を示すことができます。また、書類の準備を遅らせないで速やかに用意することによっても本気度をアピールすることができるでしょう。

 

まとめ

こちらの記事では、輸入バイクをできるだけ高く売るにはどうすればよいかポイントを8つご紹介してきました。CHAMPION76に直接ご相談いただければ、一括査定の際によくある電話が鳴り止まないといった精神的不安もありません。また、ホームページ記載のメールアドレスに愛車の写真を送っていただければ、お客様のお好きなタイミングで買取や下取りのお問い合わせができるほか、オンライン査定なら立ち合いも不要です。ぜひ気軽にご相談ください。